愛は“カツ”

みちのくひとり旅 朝食抜きだったので、事務所近くのお蕎麦屋さんでちょっと欲張りな昼食。(食べてばっかり(^^;)

カツ丼食べながら、なぜかあの歌が浮かんできました。『し~んぱ~いないからね~』♪・・・、KANさんの“愛は勝つ”。カラオケで良く歌わせてもらいました。『信じることさ~必ず最後に愛は勝つ~』♪。

愛は勝つ、・・・不倫の愛も勝てるのか(?)、な~んて考えながら “カツ”をパクパク口に運びます。不倫=とは、辞書で調べると「道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま。」だそうです。まぁ、犯罪ではないけど、不法行為なので損害賠償の責を負う事となります。

不倫の愛、探偵の目にはけっこうパワーを感じますねぇ。不眠不休で密会を重ねたり・・・。攻めか守りかで言うと、攻めの“愛”でしょうかね。正規の手続きを踏んだ“愛”は守りになるんでしょうか。

でも、正規の“愛”には頑張ってもらいたいものです。 ♪ か~な~ら~ず 最後に愛はカツ~ ♪。

ターゲットを捕捉

伊達政宗公 騎馬像 失踪者(?)の所在が判明しました(♪)。

先日、県外出張のため仙台駅構内を歩いていたら、いつもと何となく雰囲気が違う。う~ん、何だろう?、新幹線ホームのある3階から2階コンコースを見下ろし、何となく違和感がある。・・・そうだ!“伊達政宗”像が居なくなってたのです。

それ以来、どこでどうしているのか・・・ずっと気になっていて、本日やっと「伊達政宗公騎馬像」の居所と無事を確認できたのでした(^^;。現住所(?)は政宗公が青年期を過ごした宮城県大崎市岩出山にある陸羽東線「有備館駅」駅前。

JR仙台駅では、「じゃ、政宗像の前で・・・」などと良く待ち合わせ場所として使われていて、シンボルが無くなったようで居なくなると寂しいもの。20年近くも当たり前にあったわけですからね。でも、故郷で地域の活性化に務めてもらえれば本望でしょうか。「有備館駅」前では、設置されたスペースからか間近に感じ、意外と小さく見えて、以前よりも親近感がわいてきたなぁ。

今回は、失踪でも家出された訳でもないけど、失踪者の所在を確認した時の感動を覚えたのでした(^^;。

美味しい副産物♪

仙台いちご ちょっと甘酸っぱい感じだけど、大粒でとても美味しかった“イチゴ”。全国的にも有名だったらしく「仙台いちご」というブランドです。でも、特に苺が食べたかった訳でも、買い物に出掛けた訳でもないんだけどね。

今回は、身辺調査という類の業務(←珍しく真面目)で、ある人物の評判を聞き込むのが目的。他人のうわさ話を必然的に話してもらうことに集中しなくてはならない。言ってみれば、火の無い所に煙を立てに行くようなものかな。普通、うわさ話と言うのは、噂したい人が話したい他人に話しをするものだけど、私たちの仕事ってそんな“うわさ”心に、いかに火を点けられるかが名探偵の分かれ道(笑)。

仙台のとあるお店のご主人と奥さんに話しを切り出したんだけど、案の定、表情は固い・・・。当たり前だよね、こっちは聞き出すことが仕事だけど、相手には何の得も無いんだし、いくらうわさ好きな人でも、初対面で何処の馬の骨かも分からない相手に口が堅くなるのも当たり前。そんなの知らない、などと鵜呑みにして引き上げては素人と同じ。ま、その辺はあらかじめ想定してるので、ここで聞けなくても次の手を考えるのも仕事。でも、プロなんだから本音を言わせて当たり前。

ここでも、話しを伺う相手の心理状態とタイミングを見計いながら陽動作戦を繰り広げます。そして、今日の副産物の精算に入った瞬間(!)みごとに一番のポイントを聞き出すことに成功(嬉)。

いつもは、つまらない副産物が多いけど、今回のは調査結果のようにちょっと甘酸っぱかったかなぁ。情報提供者(←勝手に)とは、もう仕事で会うことはないと思うけど、“一期(イチゴ)一会”って感じでしょうか。・・・あはは~♪