愛は“カツ”

みちのくひとり旅 朝食抜きだったので、事務所近くのお蕎麦屋さんでちょっと欲張りな昼食。(食べてばっかり(^^;)

カツ丼食べながら、なぜかあの歌が浮かんできました。『し~んぱ~いないからね~』♪・・・、KANさんの“愛は勝つ”。カラオケで良く歌わせてもらいました。『信じることさ~必ず最後に愛は勝つ~』♪。

愛は勝つ、・・・不倫の愛も勝てるのか(?)、な~んて考えながら “カツ”をパクパク口に運びます。不倫=とは、辞書で調べると「道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま。」だそうです。まぁ、犯罪ではないけど、不法行為なので損害賠償の責を負う事となります。

不倫の愛、探偵の目にはけっこうパワーを感じますねぇ。不眠不休で密会を重ねたり・・・。攻めか守りかで言うと、攻めの“愛”でしょうかね。正規の手続きを踏んだ“愛”は守りになるんでしょうか。

でも、正規の“愛”には頑張ってもらいたいものです。 ♪ か~な~ら~ず 最後に愛はカツ~ ♪。

苦爪楽髪(くづめ‐らくがみ)

苦爪楽髪 ついこの間、床屋さんに行ったばかりと思っていたのに、急に男前度(?)が落ちてきたので、我慢できずに散髪して来ちゃいました(爽)。

 いつもは、2ヶ月くらい我慢できるのに、今回は1ヶ月を過ぎると、ぼさぼさ頭が気になるほど早く伸びたようで。・・・おかしいなぁ、こんなに早く伸びるはずないのに。

 行きつけの床屋さんの店長も同じ意見で「ずいぶん早ぐ伸びだごだ~(←仙台弁)」と、言ったかどうかは別として(笑)。店長は「夜更かしか、深酒でもしてな~い?」・・・、ギク!(見られてたかな)、髪の伸び方は血液の流れが関係しているそうで、夜更かしが髪の伸び具合にも影響するんですね。

 そして、どんな状況下においても“ことわざ”と言うのは適時に用意されているもので、この度の現象にピッタリ当てはまるのが・・・『苦爪楽髪(くづめ‐らくがみ)』=苦労しているときは爪の伸びが早く、楽をしているときは、髪の伸びが早いということ。だ、そうです。そっか、かなり覚えがあるかも(反省)。・・・また、“逆も真なり”で(←都合よい)、『苦髪楽爪(くがみ‐らくづめ)』とも言うんだって、“ことわざ”も味方してくれてるかな~(^^;。

ターゲットを捕捉

伊達政宗公 騎馬像 失踪者(?)の所在が判明しました(♪)。

先日、県外出張のため仙台駅構内を歩いていたら、いつもと何となく雰囲気が違う。う~ん、何だろう?、新幹線ホームのある3階から2階コンコースを見下ろし、何となく違和感がある。・・・そうだ!“伊達政宗”像が居なくなってたのです。

それ以来、どこでどうしているのか・・・ずっと気になっていて、本日やっと「伊達政宗公騎馬像」の居所と無事を確認できたのでした(^^;。現住所(?)は政宗公が青年期を過ごした宮城県大崎市岩出山にある陸羽東線「有備館駅」駅前。

JR仙台駅では、「じゃ、政宗像の前で・・・」などと良く待ち合わせ場所として使われていて、シンボルが無くなったようで居なくなると寂しいもの。20年近くも当たり前にあったわけですからね。でも、故郷で地域の活性化に務めてもらえれば本望でしょうか。「有備館駅」前では、設置されたスペースからか間近に感じ、意外と小さく見えて、以前よりも親近感がわいてきたなぁ。

今回は、失踪でも家出された訳でもないけど、失踪者の所在を確認した時の感動を覚えたのでした(^^;。