年度末

「吉永小百合」さんから年賀状 年度末と月曜日が重なり、なんだかあわただしかったですね。探偵業務に年度末はあまり関係ないけど、銀行や道路も込んでて通常業務にも多少の影響はあったかな。

 しかし、早いもので1年の4分の一が過ぎるんですね。年明け元旦に「吉永小百合」さんから年賀状が届き、あの感激からもう3ヶ月(!)。 年と共に加速度が増していきます。

 ところで、皆さんには「吉永小百合」さんから届いていたんでしょうか?年賀状を見たときはもう感激と疑惑がジューサーミキサーにでも入れられたように(!)頭の中もグルグル回ってる感覚に・・・。おそらく数分のことだったと思うけど、なぜ?どうやって?を自分の中で繰り返したのでした。そんなおバカなリアクションをしたのは私だけかな(笑)。

 そんな日本郵便さんからのサプライズ(←死語かな?)を受け取ってスタートした新年。そして、明日からの新年度はどんな感激が待っているかなぁ。この記事を書きながらテレビからは「ガソリンスタンドに長蛇の列・・・」と、一時的にもガソリン価格が下がるようです。そっか!実は今日ガソリン入れちゃった・・・。 まぁ、新年度は感激だけにしてほしいですね。

そして誰も居なくなった・・・

「仙台市地下鉄」車内 皆さん、大変ご無沙汰しております。
興信業務に没頭しすぎて(←うそ)、すっかりサボり癖がついてしまいました。これからは、マイペース(?)で更新していきますので、またかわいがってくださいませ。

 このブログも、もう見に来てくれる人も居ないだろうと、この仙台市地下鉄の車内のように誰も居なくなったんだろうなぁと思いきや、足跡を見たら、何と!毎日10人前後の方が覗いてくれていたんですね(感激)。もしかして、調査されてるのかな?

 ところで、電車に乗るたびいつも考えてしまうのが、何両目に乗るか? 目的地を考えて、最寄り駅の出入り口に近い車両に乗りたいんだけど、その時ふっと頭をよぎるのが、あの列車事故・・・。脱線した先頭の2両が線路脇のマンションに激突したあの痛ましい事故。忘れてはならないですね。それ以来、私は先頭近くの車両に乗るのをためらうようになったのです(←臆病)。でも、たまに忘れたり、時間優先にして出口に便利な車両に乗ってしまうことも。ま、仙台市地下鉄は4両しかないのであまり変わらないか(!)。

 そんな中、またまた悲惨なニュースが飛び込んで来ました。今後は、ホームに立つのもためらいます(←ホント、臆病)。でも、危機を未然に防ぐためのリスク管理は重要なことだし、誰かの助けを待つより自分の身は自分で守らなくちゃ!
 そんなことを考えながら今回も先頭車両に乗って(矛盾)、そして誰も居なくなった・・・、もっと仙台市地下鉄を利用しましょうね。