安心して暮らしたい

仙台市中心部のアーケード街 光のページェントで賑わう仙台市中心部のアーケード街で、またもや乗用車が暴走…。まったく言葉を失ってしまうような非常識で悲惨な事件が繰り返されてしまいました。

 捕まった犯人曰わく「職場で嫌がらせを受けたから…」ということらしいけど、全く身勝手な理由にもならない理由。関係のない多くの人たちが被害にあいました。

 そもそも、歩行者専用のアーケードを車が暴走してくるなんて誰も考えません。4月にも同じようにトラックが進入し、死亡者も出たばかり。周辺のみなさんのショックも大きかったようです。

 現場を通り過ぎる人たちも事件を知ってか、プランターを触って設置効果を確認してみたりする人も多かったようです。緊急的対応としてのプランター増設とはいえ、小型自動車や2輪車などの侵入を防ぐのは難しそうな感じなので、まだまだ不安は残ります。「まさかこんなことが」ということが起こってしまう現代、やはり、自分のことは自分自身で守っていく意識が一番かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。