魔法の言葉!?

女神から教わった魔法の言葉 よくよく考えてみると、人との付き合いの中で “褒められる” ことって、意外と少ないのかもしれませんね。

 『女神から教わった魔法の言葉』のセミナーを主宰していらっしゃる先生とお会いして、いろいろとお話しを聞いているうちにあらためて“褒める”ことの大切さを教わったような気がします。ヒトは“褒められる”と、照れながらも上機嫌でいられるものです。

 “褒め殺し”までいってしまっては、あまりにも下心がありそうなので論外ですが、人の長所を敏感に捉えて好きになることが、上手なコミュニケーションの原点と言えそうです。こんな私にも魔法の言葉を使いたい場面はいっぱい。

 私にも“女神”はついていてくれるのでしょうか。居なければいっそのこと自分が“女神”になってしまおうかと、馬鹿げたことを考えましたが、どう考えても私は”女神”には遠すぎるような気がするので、諦めます(笑)。

2007年問題

2007年問題 ご存知のように、2007年問題とは団塊の世代が一斉に定年を迎えることによって、高度な技術力やノウハウ、経験が次の世代に継承できるかということです。

 IT業界では、その技術力が継承されずメンテナンスが困難なため、システムそのものを設計し直す作業にも追われているといいます。

 ところで、『焼酎業界』でも2007年問題が浮上していると言います。焼酎製造の際に排出される酒粕(かす)の廃棄方法に関して対処の仕方が問題となっていて、これまで海洋投棄していたものが、ロンドン条約により2007年から全面禁止となるからです。私の大好きな“芋焼酎”にも危機が迫っているのでしょうか。

 以前にも2000年問題などが話題となり、騒ぎになりましたが、なんだかんだ言っても上手に乗り切ったようでした。その事態に追い込まれれば、人間は何とか乗り切るものなのでしょう。当然、そこには技術者たちの並々ならぬ努力があることは間違いありません。私にできることは、祈りを込めてひたすら飲むだけですけどね(笑)。

官能検査!?

利き酒 いきなりの悩ましい言葉ですが、“利き酒” のことなんだそうです。

 一見お酒がいっぱい飲めるからいいなぁ、なんて思いがちですが、実際 これを職業としている方は、さぞかし大変なんでしょうね。 香りや味の表現を言語に落とさなくてはならない。
 “旨い” か “まずい” だけではなく、その内容に的確な表現を起こすことができないといけないでしょう。

 探偵調査で言えば、“怪しいにおい” をどう表現して報告するのか、なんてことになるのかも知れませんが、探偵調査においてはあまり必要なく、見たままを忠実に報告するのが基本です。 ところが、調査開始前のヒアリング段階では、こうした “におい” を感じておくことも大事なんです。 それは、数多くの調査事例をこなし、様々な失敗と苦労と成功を繰り返し、その経験の上に立っている ”プロ探偵社” だからこそ感じ取れる ”におい”。

 相談者は様々な状況証拠を持ち込まれます。 それを受け止めながら ”におい” を探り、的確なアドバイスや調査プランを提供します。 私たちの場合は ”官能調査” かもしれないです(笑)。