無題

懇親会 懇意にしていただいている広告関連会社の社長さんと月末の懇親会。

私はいつも 「社長の仕事ってクライアントさんに対してプラスアルファの魔法だよね」 なんて、少々おだて(?)気味に冷やかします。
すると、この社長さんは 「何言ってんの!、ガルエージェンシーさんこそ、困ったときの神頼みじゃない!」 なんて、お互いを冗談半分で称え合うわけです。

一見すると 正反対の仕事をしているようで、実は、どちらも企業に対しての “お役立ちサービス” だったんだと、あらためて感じます。 じゃあ、業種の違いはいいとして、「シーソーのようにお互いのプラスとアンダーグラウンドを補完しあえたらどんなことが出来るんだろう?」 なんて話しで盛り上がりますが、ほとんど終わりを見ない話し。 それだけお互いの専門性が高い証拠でもあります。

「まぁ、どちらもクライアントさんの ”困りごと解決” に応えているのだから、やりがいは高いし 素晴らしい事業なんだ」。 なーんて納得して帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。