“挑戦”から“達成”へ

古賀稔彦(こが
としひこ)さん 世界の頂点に立った人の言葉には重みがあります。 3度のオリンピック出場、バルセロナでは大会直前に怪我を負いながらも見事に金メダルを獲得した柔道家の古賀稔彦(こが
としひこ)さんです。

 今日は、何かと係わらせて いただいている 「クラーク記念国際高等学校」 の 『教育講演会』 にお邪魔し、同氏の熱い講演を聴いてまいりました。

 「夢を見つけるのは簡単」 で、「あきらめず “挑戦” していくことで 様々な結果を生み出し、その後の “達成” につながる」。 さらに言います。 「自分自身が “決心” することで、すべての “スイッチ” が入るんだ」 と。 ん~、経営者の立場に照らしながら聴いても実に考えさせられる話しです。 ビジョンや目的などの決断、行動や計画内容に修正を繰り返す判断。 まさに “経営” を進めていく シーンにも置き換えられる話し。 いつのまにか心から聞き入っていました。

 同氏は現在、柔道場 「古賀塾」 の塾長として、柔道を通じて 「人間育成」 にも尽力をしているそうです。 私も弛みかけているチャレンジング精神を、鍛え直さなければいけないな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。