無題

懇親会 懇意にしていただいている広告関連会社の社長さんと月末の懇親会。

私はいつも 「社長の仕事ってクライアントさんに対してプラスアルファの魔法だよね」 なんて、少々おだて(?)気味に冷やかします。
すると、この社長さんは 「何言ってんの!、ガルエージェンシーさんこそ、困ったときの神頼みじゃない!」 なんて、お互いを冗談半分で称え合うわけです。

一見すると 正反対の仕事をしているようで、実は、どちらも企業に対しての “お役立ちサービス” だったんだと、あらためて感じます。 じゃあ、業種の違いはいいとして、「シーソーのようにお互いのプラスとアンダーグラウンドを補完しあえたらどんなことが出来るんだろう?」 なんて話しで盛り上がりますが、ほとんど終わりを見ない話し。 それだけお互いの専門性が高い証拠でもあります。

「まぁ、どちらもクライアントさんの ”困りごと解決” に応えているのだから、やりがいは高いし 素晴らしい事業なんだ」。 なーんて納得して帰りました。

探偵の“ウォームビズ”

ウォームビズ? 国のトップ陣が盛んに推奨した “クールビズ”、本当の効果は どうだったんでしょうね。

 地球温暖化対策の次なる提唱は “ウォームビズ”。 その実施によって、“クールビズ” と比べ約 4倍の二酸化炭素(CO2)の削減効果があると言います。
 今回の “ウォームビズ” では、特に女性のが主役となって、おしゃれな防寒ファッションが生まれそうです。

 こんな話題の ”ウォームビズ” ですが、探偵の調査現場においては、昔から当たり前の必要アイテムだったりします。 雪が降ろうと、槍(?)が降ろうとも、息を潜めて一瞬の映像を捉えるため、 長時間にも及ぶ車内での監視。

 究極の防寒対策として、腹部あたりに新聞紙を巻きつけたりすることも。 まるで エスキモーみたいに衣類や毛布などを可能な限り着込んで過ごすわけです。 こんな苦労の末に、無事、ミッションをやり遂げた後には 『探偵の“ゆ”』 へ直行。 今年も そんな季節がもうすぐやってきますねぇ。

“是々非々(ぜぜひひ)”

tako.jpg 最近良く耳にする言葉で、“是々非々(ぜぜひひ)” がとても気になります。

 先に行われた宮城県知事選で当選した前県議の村井嘉浩さんが 「是々非々の立場で厳しく、ときには優しく…」 なんて決意をあらわしました。 また、楽天によるTBS株の取得問題に関して、「是々非々で判断していきたい」 と楽天の社長さん。 なんだか今年の流行語になるかもしれません。

 辞書によると、“是々非々” とは、こう書いてあります。 『良いことは良い、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること』。 でも、考えてみると、その判断は誰がするのでしょうか(?)。 自然と素朴な疑問が湧いてきます。

 私の場合は、“是非是非(ぜひぜひ)” と言って、無理なおねだりすることはよくありましたけど(笑)。 立場や場面は違っても、自己中心的な私欲のみに偏った判断はいけません。 どんなときでも、“是々非々”であって欲しいですね。