煙にまけない

tobacco.jpg 飲食店などを中心に喫煙ができる空間ってずいぶん限られてきました。 20数年に渡る愛煙家の私としては、どこに行っても煙たがられる雰囲気にちょっと参ってしまうことも。 それでも、周りには迷惑をかけられないので、たいへんな気遣いをしながら喫煙することに。

 健康増進法の施行によって 「受動喫煙の防止」 が施設管理者に義務づけられました。 最近売られているタバコのパッケージにも警告表示がなされ 「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」。
 ん~、まさに日本的な緩やかで半端な警告。 国外で販売されるタバコの中には 「喫煙は死に至ります」 などの言い切った表現もあるそうです。

 こんなにハッキリ言われたら、心配しながら喫煙を繰り返して他の病気になりそうです(笑)。 昔、ある方がタバコを吸いながら言いました。 「あ~ このタバコのおかげで自分は長生きしているんだ!」 と。 昔は問題意識もなく笑えたジョークでしたが、最近では物議を醸し出しそうな微妙なレベルになっています。

 この先の愛煙家のモラルと行動、まさに “煙にまいて” 誤魔化すことは できない問題に ますますなっていくでしょう。

“名探偵”が生まれていく

kyouhan.jpg ガルエージェンシーグループ では調査員を育て雇い入れるための教育機関として専門の 探偵学校 を独自運営しています。

 先日、2ヶ月間の実践教育を終えた卒業生が全国のガルエージェンシーに配属。 それぞれの想いを胸に実践現場へと出て行きます。 私も プロ探偵講師として教壇に立ち、ある時は尾行実習の模擬訓練で、マルタイ(調査対象者)役として尾行される立場になったりします。

 探偵の立場で言うのも変なのですが、いつも思うのは 「探偵調査の仕事って大変だよなぁ」 ってこと。 こっち(マルタイ=調査対象者)は、好き勝手にお茶を飲んだり食事をしたり…。 人知れず、行動を追い続けるのって大変な仕事。 マルタイ役に扮してみると、しみじみ分かってきたりします。 いっそ、マルタイに 「次はどこに行くんですか?」 なんて聞いてみたくなっちゃう生徒だっていそうです(笑)。 …場合によっては聞くこともあるんですけどね(調査戦法のひとつです)。

 そんな、新人探偵さん達も、やがて “名探偵” と呼ばれるようになる日も来るでしょう。 「困った人を親身になって救ってあげることに使命感と誇りを持つんだぞ!」。 みんな頑張ってね。

デジタル時代

mobile.jpg ここ10年で 『探偵の七つ道具』 も日進月歩、使い方や役割もずいぶん様変わりしました。

 携帯電話ひとつとっても、通信手段の主役になりましたし、撮影機器、GPSシステム、ボイスレコーダーや電子メモ、さらに このインターネット時代を象徴するWEBシステムの環境も考えると、たった一つのアイテムだけで、七つ道具に匹敵するほどの使用方法や能力があります。 携帯電話も アナログ技術から全面デジタル技術へと移行したように、撮影機器や録音機器もほとんどデジタル技術がベースの機器になっています。 ”証拠” という一瞬の映像を商品化していく探偵調査の仕事において、これら情報収集を実現するための ”道具” は必要不可欠です。

 以前、スタッフに 「道具をいたわらないと良い仕事もできないぞ」 とアドバイスしたことがあります。 一方では、『弘法は筆を選ばず』 や 『下手(ヘた)の道具調べ』 なんて 「ことわざ」 もあるので、解釈は難しいところですが、やはりこのデジタル時代が可能にするハイテク調査の成果は無視できないものがあります。

 まぁ、いちばん大切なのは、現場でその道具を使いこなすアナログセンスだったりするんですけどね。 愛情を持って道具をいたわっていれば、ちゃんと応えてくれるものです。