外来種

kabutomushi.jpg 外国産の クワガタ や カブトムシ の人気で、在来種との競合や交雑の可能性により、国内生態系への影響が危惧されています。 多国籍な文化交流は推奨されても、昆虫の生態系まで狂わしてしまうことは問題。

 これから生まれ来る子どもたちに、日本固有のクワガタやカブトムシを昆虫図鑑でしか教えられないような事態にはしたくないものです。 買い求める人にもよりいっそうのモラルが必要。 飼育できる環境が無ければ、お祭りで売ってるレベルの模造品で我慢しましょう(笑)。

 プロ探偵の調査現場では、ストーカー等の監視用に特殊な設営を必要とされるケースの場合において、『偽装』 という方法を用いることがあります。 もちろん、ご依頼者の安全を守るため、という大義名分があることが前提の 『偽装工作』 です。

 しかし、私たち探偵の認識が甘かったり、その使い方を間違えたりすると、”盗撮” にもなりかねません。 特殊な技術を熟知しているからこそ、高いモラルが要求される仕事でもあるんです。

反面教師

suidou.jpg ある朝、良い先生に出会いました。 と言っても、教員資格のある方かどうかは存じませんが…。 仕事に出掛けようと支度していたところに、「ピンポーン、水道の検針です」と、水道検針係りの女性の声。 「じゃ、置いていってください」 と伝えると、「漏水している心配がありますのでお話を…」と言います。

 玄関を開けてみると、その女性は親切に説明してくれました。 「毎月6千円位の水道料金が、今回の検診では2万5千円にもなってますが、そんなに水道を使っていないとしたら、何処か漏水しているのでは?」 と、心配してくれたんです。 女性はさらにアドバイスしてくれます。 実際に使用した水道料金でなく漏水している場合には、リストにある指定業者さんに修理してもらい、その証明書を提出することで「水道料金は減額される」のだと言います。

 早速その場で、リストにある自宅近くの指定業者さんに連絡。 1軒目は、「今みんな出払っていて、いつ伺えるか分かりませんけど…」と、それ以上は答えたくない感じの無愛想な対応。 冷たい対応に呆れて、「じゃ、いいです!」 と電話を切り、他業者さんを当たります。 「ココも同じかぁ…」と、5軒ほどはまったくダメ。 6軒目でようやく何とかなりそうな業者さんがつかまりました。 それでも、「今日の夕方くらいなら行けるけどなぁ…」 などと商売っ気がない対応。

 そんな実りが薄く効率良くないやり取りを続けているうちに、「いま、自分って困っているんだよなぁ」って、つくづく実感しました。 探偵業務では、ご依頼者の困り事を同じ視点で取り組むという立場。 困り慣れている?という言い方も変ですが、困った状況から如何にして脱出していくかという思考が恒常的になります。

  『人の振り見て我が振り直せ』 とは、あまりにストレート過ぎますけど…。 しかし、朝から 電話代だけで勉強できたのですから感謝、感謝。 私とスタッフたち も、無資格で教師などと語られない対応を心掛けたいですね。

ブログのすすめ

tooru-y.com.jpg ブログを開設して1ヶ月になりました。 まだまだ初心者ですが、ブログの可能性や有用性をあらためて実感している今日この頃。

 私の場合は、会社の業務に関すること、そして自分自身の考え方などを表現するためのプラットホームとして、このブログというツールを活用しています。
 ブログを通じてその考え方を綴っていくことによって、その事象を見つめ直す良い機会にもなっています。 過去や現在のこと、夢や願望のことを、自由に綴っていく事ができます。

 ただしブログの世界は、健全的に個人を表現しているブログだけが普及しているわけでもないようです。 ちょっと前の掲示板サイトのように、自殺予告を行ったり、失踪宣言をするなど、使う人の考え方やモラルによって、望ましくない内容でもカンタンに公開できてしまう危なさがあります。 たまたま当社に寄せられた相談の中にも、ブログ記事の中に 「自殺予告」 を思わせる内容があったため、捜索依頼に至った、というケースもありました。

 自己表現できる唯一の場が、「ブログ」というキャンバスであり、誰にも言えない心の叫びを映し出すツールになっているのかも知れません。 私もブログについてはまだまだ勉強。よりよいブログの世界が発達していくよう、微力ながらも良い影響力が発揮できるようになれば、と思っています。

 …ちなみに、私がブログを開設するきっかけになったのが 「ヨシオトオルが行く」 です。Webシステム開発会社さんの社長ブログで、同じ経営者の立場から見ても、とても共感を覚える内容が多いブログです。 みなさまもぜひアクセスを。